2021.06.30ザ・セラー 銀座 セミナー

【全5回開催】Riedel / THE CELLAR Ginza 日本ワインセミナー

【全5回開催】Riedel / THE CELLAR Ginza 日本ワインセミナー

この度、THE CELLAR Ginza にて7月から9月の2ヶ月にわたり、ワイングラスブランドのリーデル社とのコラボレーションによる、全5回の「Riedel / THE CELLAR Ginza 日本ワインセミナー 」を開催いたします。

”Grape Varietal Specific“を掲げるリーデル社はその長い歴史の中で、ワイン生産者とのワークショップを重ねながら、葡萄品種の個性を最大限に引き出すことを目指し、様々ボウル形状のグラスを生み出してきました。カベルネ・ソーヴィニヨンからオークドシャルドネまで、主要品種を幅広く網羅する多様なシェイプは、既に世界のワインの多くをカバーしています。

そんなリーデル社が、近年取り組むのが日本に固有の品種への展開。2019年には「甲州」にベストマッチなグラスが開発されました。
その一方で、独自の品種を多く有しそのスタイルも様々な日本ワインには、まだまだ未開拓の領域が広がっているのも事実です。

例えば日本を代表する赤ワイン品種であるマスカット・ベーリー Aに適したグラスは、オフィシャルアナウンスとして決定されていません。また、「甲州」から造られる白ワインに最適なグラスはありますが、同じく「甲州」を使用した所謂「オレンジワイン」においても、その方程式は成立するのか。さらに加えるならば、既に分類されている欧州品種であっても、日本ワインには、謂わば独特の淡く繊細な味わいがあります。それらの個性は、既存のベストマッチのグラスによって最大限に引き出されるのでしょうか。

日本ワインという多様な個性とリーデルグラスとのマッチングには、広大な発見の余地が残されています。本セミナーは、リーデルグラスによって未だ明かされていない日本ワインの世界を、皆様に「最初に」発見いただくワークショップ型のセミナーです。各回、5種類の日本ワインと4種類のリーデルグラスをご用意いたします。1種類のワインに対しても複数のグラスで試飲を行い、ボウル形状の差異がもたらす日本ワインの香り・味わいの変化をお客様ご自身で体感、そして最適なグラスを発見いただく内容です。また、気に入ったボウル形状のグラスを各回1脚お持ち帰りいただけます。

「欧州産の欧州品種」への最適化によって進化を遂げてきたグラス達と、日本ワインという曖昧かつ多様な未開拓領域。その両者の邂逅をご自身で五感で発見いただける機会になればと思います。

それぞれの回について、生産地域に基づいた異なるテーマをご用意しておりますので、ご興味のあるテーマにぜひご参加下さい。もちろん全ての回にご参加いただければ、主要な産地や様々なワインのカテゴリーを網羅できるかと思います。

日本ワインとリーデルグラスとのマッチング、その最初の体験を、ぜひ銀座店で。

概  要

【プログラム日程】
※プログラムは変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

◆ 7月3日(土) 「北海道・山形県の白ワイン」(開催終了)
・一部   13:30-15:00
・二部   16:30-18:00

◆ 7月17日(土) 「北海道・山形県の赤ワイン」
・一部   13:30-15:00
・二部   16:30-18:00

≫詳細・お申込みはこちら

◆ 8月7日(土) 「長野県のワイン」
・一部   13:30-15:00
・二部   16:30-18:00

≫詳細・お申込みはこちら (近日告知予定)

◆ 8月21日(土) 「山梨県の白ワイン」
・一部   13:30-15:00
・二部   16:30-18:00

≫詳細・お申込みはこちら (近日告知予定)

◆ 9月4日(土) 「山梨県の赤ワイン」
・一部   13:30-15:00
・二部   16:30-18:00

≫詳細・お申込みはこちら (近日告知予定)

【募集人数】各回12名 (一部:6名 / 二部:6名)
【講師】日暮 祐貴
・JSA認定 ワインエキスパート
・WSET Level 3
【場所】THE  CELLAR Ginza

感染予防について

開催にあたり、以下の感染拡大防止策を徹底した上で皆様のご来店をお待ちしております。
・試飲テーブルのアルコール消毒
・席の間にパーティションを設置
・担当スタッフはマスクを着用
・参加者を各回6名に制限する
・サーヴはすべてスタッフが行う

また、ご参加いただくお客様へは改めて以下の感染防止策にご協力くださいますようお願い申し上げます。
・ご来店時の手指のアルコール消毒とマスクの着用
・受付時の検温
・熱がある方のご入場はお控えください
・吐器は紙コップを使用
・希望者の方にはビニール手袋の着用

- お酒は20歳を過ぎてから! -

未成年者への酒類販売は行っておりません